Caves of Steel

模型を作るのが好きです。ゲームも好きです。とりとめのないことを書いています。

グレイズ塗装、 1/2。

自分のブログを書くようになって以来、他の方のブログを見ていると、丁寧にきっちりと書かれていたり、短くとも読んでいて面白い文章だったりすると、どのくらい時間かけて書いてるのかとかどうやって書いてるんだろうとか、いろいろ考えるようになりました。

自分ももう少しきちんとした記事書くべきだよなあと思いつつ、なかなか思ったようには上手く書けず。見るのとやるのとじゃ大違いですねー。

 

f:id:Kaset:20170129235711j:plain

グレイズの塗装がようやく進みました。まだ半分くらいですが。

 

イエロー部分とパープルの部分は塗装完了。パープルがだいぶ暗い色に写っていますが、実物はもう少しちゃんとパープルしてます。それでもちょっと暗かったなあ・・・。

 

今回からタミヤのHGトリガーエアーブラシ(カップ一体型)を使ってみました。

 

トリガータイプは通常のダブルアクションと違い、エアーの噴射量は調節できず、塗料の噴射量のみ調節するという形ですが、自分はダブルアクションでもいつもボタンを目一杯押しっぱなしにしていて、エアーの量はコンプレッサー側のレギュレーターで調節していたので、トリガータイプでも使い方は変わらないんですよね。(というか、ダブルアクションのボタンを微妙に押しながら微妙に引くとかすごい難しくないですか・・・?)

むしろ余計な力が入らないので、塗料の噴射量のコントロールが非常にしやすくなりました。

 

ただ、持ち方が今までのペンを持つような形からトリガーを握る形に変わったので、たまに自分が思っている場所に塗料が吹けていない、ということがありました。

トリガー持ちだと、真っ直ぐ吹いているつもりでも意外と少し角度が付いていたりするみたいです。このあたりは慣れが必要ですね。

 

あとタミヤのトリガーエアーブラシを使う場合は、タミヤのエアーブラシスタンドⅡも必須ですね。今回クレオスのスタンドに無理やり置いて使っていたのですが、不安定すぎてダメですね・・・。

 

今まで悩んでいた指先の痛みはほとんどなくなり、快適に塗装できました!

が、今度は手首の方がそれなりに痛くなりました。やっぱりドレン&ダストキャッチャーの重さが良くないのかな・・・。